Life Is Beautiful

サブタイトルは「のんびりあひるの金沢Life」で(笑)
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 「ホテル・ルワンダ」TOP映画 ≫ 「ホテル・ルワンダ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「ホテル・ルワンダ」

94年にアフリカのルワンダで勃発した民族紛争を描いた社会派ドラマ。
ホテルマンのポールは避難民をホテルにかくまい、守る決意をするが・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フツ族(多数派)とツチ族(少数派)の抗争で100日で100万人もの大量虐殺が行われたルワンダ事件。
そんななかで1000人以上の命を救ったホテルマンが実在していたということに驚き感動した。
自分の家族を守るだけでも精一杯のはずなのに。。

主人公がカメラマンに、
「ルワンダの現状を流せば世界が助けてくれる」と頼んだ時に、
「そんな事をしても、怖いねと言ってまた食事を続けるだけだろう」と言われる場面は耳が痛かった。

部族が違うといってもIDを見せ合わないとわからないくらいなのに、
何で殺しあわなきゃいけないのか。
国連や近隣諸国はどこまで介入すればいいのか。
悲しみの連鎖は断ち切れるのか。

疑問はつきない。


平和ボケしてるなぁと思ったときに観ておきたい映画。



星5つ ★★★★★


n_626im060403rps.jpg




スポンサーサイト

Comment

No title
編集
この映画、昔映画館で見たーv-28
日本は民族間の紛争ってあんまりないし、部族同士の争いでこんなに人が死ぬのって本当ショッキングに感じたなあ…
同じ頃(うろ覚え)上映してた「ヒトラー最後の十二日間」も印象に残る映画でオススメどえすv-265
2011年06月18日(Sat) 21:25
ナッツちゃん
編集
ルワンダ事件はベルギーの植民地支配が引き金になってるんだよね。
元々は遊牧民と農耕民の違いくらいの両民族、仲良くやってこれてたかもしれないのに、と思うとやりきれない。
ナッツちゃんおすすめの映画も観てみる。
ユダヤ人虐殺もまた考えさせられる内容だよね。

2011年06月19日(Sun) 07:45












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。