Life Is Beautiful

サブタイトルは「のんびりあひるの金沢Life」で(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ バリアフリーな社会へTOPお仕事 ≫ バリアフリーな社会へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

バリアフリーな社会へ

今日はお仕事で同行訪問が1件ありました。
(新規のお宅に行くときは必ずベテランヘルパーさんについて行きます。)

※※※※※※※※※

今日の利用者さん、リウマチを患っていらっしゃったんですが、
ご病気になられてから、どうもご近所の方から白い目で見られているようなのです。
(ご本人は認知ではないし、決して被害妄想とかではないと思われます。)

スーパーでは若い母親が子供に「悪いことしたらあのおばあさんの足みたいになっちゃうよ!よく見てきな。」って言ったそうです。
言われた子供はその通り、しゃがみこんでスカートの中をのぞいてきたそう。

またあるときは、玄関先でつまづいて倒れたとき、隣近所の方は遠巻きに見たまま、
誰も助けに来られず、結局タクシーの運転手さんが助けてくれたとか。
あろうことかご近所の方は、近くまで見に来て手も貸さなかったのです。

また、友人から温泉旅行に誘われて待ち合わせ場所に行ったら、誰も来ず、
結局介護するのが面倒ということで口裏あわせして、前日に前倒しして行っていたことが発覚。


・・・なんだかここまで聞いていて、腹立たしい気分になりました

どうしてリウマチになってしまったというだけで、こんな目に遭わなきゃいけないんだろう。
はっきりした原因がわかってない病気だし、日本には100万人もの患者さんがいる病気でもある。
つまり、誰がなってもおかしくない病気なのに、実際には誰もが自分と対等には見ていないのです。

昔に比べたら障がい者の方もたくさん社会に出てきているけど、まだまだ差別社会って
存在しているんだなぁと今日のことで思い知らされました。

もっとリウマチの認知が広まり、差別がなくなる世の中になっていきますように。
なにより、障がいをもった人もそうでない人も高齢者もすべて共に人間としてノーマルな生活が送れるような社会へと変わっていきますように。。

それにはまず、物理的なバリアフリーより心のバリアフリーだよね!

スポンサーサイト

Comment

No title
編集
そうだよね。
心のバリアフリーが大切だよね。

このお話聞いて私も腹立たしくなりました。

2012年03月22日(Thu) 18:35
No title
編集
そーですね。。。いろんな病気に対してまだまだ理解が薄いように感じます。
悲しいことですね(´;ω;`)
心のバリアフリー、いい言葉ですね♪
私も改めて心に刻みます。。。。
2012年03月23日(Fri) 00:53
みかさんへ
編集
リウマチになっただけでも趣味のお花やお茶ができなくなったり、
ショックなのに、さらに白い目で見られるって二重の苦しみですよね。

病気になってみると人間の本当の性格が見えてきますね><;
悲しいことだけど。。
でも差別する人ばっかりじゃない、優しく手を差し伸べてくれる人も
いるはずだと思いたいですね。・・じゃないと辛すぎる。
2012年03月23日(Fri) 08:23
チョコさんへ
編集
たしかに、リウマチに限らず病気に対する偏見はたくさんありそうですね。

ユニバーサルデザインとかいって環境整備をしても、まずは一人ひとりが
病気に対する理解を深めて偏見をなくさない限り、ほんとうのバリアフリーには
ならないですよね。

今後、少しでも利用者さんの心に添えるようなサービスをしていけるように頑張ります☆
2012年03月23日(Fri) 08:31
編集
なんだか、読んでてイライラしてきました みなさん、ひどいですね…リウマチだからというわけでもなく、いろんな障害に対してもまわりの目は気になりますよね…なりたくてなったわけでもないのに!!周りがもっと助けてやらないと…

あひるさんにとって、心の癒しになる介護ができたらいいですね♪
2012年03月23日(Fri) 12:53
No title
編集
リウマチを研究し世に認知してくださった先生
実は 私の線維筋痛症 の病気を今研究しチームを立ち上げてる先生なのよん
いろんなドクター達でさえリウマチを最初は認めず この先生はずいぶん苦労されたと 
どん底中もどん底の私に話してた・・・笑いながら あは~~

今一生懸命線維筋痛症を認めてもらおうとがんばってくれています
死ぬ気で頑張れ~~

私も実は周りからちょっち見られてたかしらん
よかった 思考能力ない時で~ あは

自分も難病になったおかげで理解してあげられることもできたし
ずうずうしくもなった・・・? まっいいか あはん

私達は くろちゃんママが このたびご理解してくださいました~<m(__)m> という感謝の気持ちでいっぱいです

利用者さんもきっと また一人わかってくれる人ができて喜んでいるはず

次 具合が悪くなったら くろちゃんママを指名するぅ~
ラッキー あっ ちょびの世話もね~
2012年03月23日(Fri) 18:22
名無しさん笑へ
編集
ほんと、なりたくて病気になる人なんて一人もいないですよね。

日本は欧米に比べるとまだまだお互いが助け合う社会になってないなぁと
思います。宗教の違いとかもありますけど。
東日本大震災で絆の大切さを学んだ私たち、もっと人と人とのつながりを大切にして
いかなければいけませんね。

介護、がんばります♪
2012年03月23日(Fri) 19:09
チョビちゃんママへ
編集
まず、長いコメントをありがとうございまぁす☆

チョビちゃんママ、傍目には全然病気を患ってるなんてわからないし。
でも難病患っててもいつも明るく振舞ってて、私も見習わなきゃなぁと思ってますよ!

なかなか病気に対する理解って難しいけど、一人でも多くの人にこの現実を知ってもらいたく、
今回ブログに書けてよかった。
ま、訪問者は多くないですが^^;

チョビちゃんママが要介護認定されたなら、私いつでも請け負います!!
もちろんチョビちゃんもOK~。
あ、昨日の利用者さん宅に、Mダックスのブラックタンがいて、とってもかわいかった♪
クロと違って人懐こくって^^
2012年03月23日(Fri) 19:19












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。